Silvaria Characteristic for Ag Shower

J_朝日トップイメージ帯.jpg

SILVARIA CHARACTERTIC

シルバリアの特性
銀の歴史
銀はその効果が認められた抗細菌剤として1900年初代頃に使用され、当時は抗生物質治療の中核でありました。技術の進歩により、銀をさらに活用することができます。そして、まだまだ未知数の力を秘めています。

銀の豆知識
銀(ぎん、英名: silver、独:Silber)は原子番号47の元素。元素記号は Ag。貴金属の一種。元素記号の Ag は、ラテン語での名称argentum (輝くもの)に由来する。電気伝導率および熱伝導率、また可視光線の反射率は、いずれも金属中で最大である。光の反射率が高い事から、日本語ではしろがね(白銀: 白い金属)と呼ばれた。銀イオンはバクテリアなどに対して強い殺菌力を示すため、現在では広く抗菌剤として使用されている。例えば抗菌加工と表示されている製品の一部に、銀化合物を使用した加工を施しているものがある。貴金属の中では比較的化学変化しやすく、空気中に硫黄化合物(自動車の排ガスや、温泉地の硫化水素など)が含まれていると、表面に硫化物 Ag2S ができ、黒ずんでくる。銀が古くから支配層、富裕層の人々に食器材料として用いられてきた理由のひとつは、硫黄化合物やヒ素などの毒を混入された場合に化学変化による変色で逸早く異変を察知できる性質からという説がある。金とともに、中世ヨーロッパでは新大陸発見までの慢性的な不足品であって、そのため高価でもあった。この時代の日本は東アジア随一の金、銀、銅の採掘地域であり、中国への輸出も行っていた。これらの金属は日本の貿易品として有用だったので、銀山は鎌倉幕府以前から江戸の鎖国終了からしばらく、明治に至っても国が直轄する場合が多かった。中でも島根県大田市の石見銀山は有名。その後、日本の銀山は資源枯渇のため、世界の銀産出地から日本の名前は消えた。スペインやポルトガルにおいては、[要出典]ポトシ鉱山や石見銀山の銀が大量にヨーロッパに流入するまで、金と銀の価値は現在とは逆だった[要出典]。銀を鉱石から取り出すには金よりも手間が掛かったためである。新大陸発見後は、ペルーなどで大量採掘された銀が世界中に流れることになった。これが原因で、銀の価値が暴落。ヨーロッパの物価は2~3倍のインフレーションに陥った(価格革命)。しかしながらいまだに銀は高価な金属であって、その光沢とともに、人々に愛好されている。(出展・引用:Wikipediaほか)

シルバリアとは
自然が与えた最高の抗生物質「銀」。この銀を最新技術によりコロイド(顕微鏡でも見えない程の極微粒子)にし、抗菌加工しやすい形にしたシルバリア(Collidal Silver銀抗菌液剤)は耐性を持つ細菌など化学薬品の問題点が指摘される今、合成抗生剤のかわりとなる驚くべき天然成分です。銀をコロイド化する大変高度な技術により生産されています。

シルバリアの特性と応用
無色無臭で銀溶液を希釈して使用する場合、1cc当たり200兆以上の銀コロイドが含まれています。また、どのような対象製品にも抗菌加工が可能です。 シルバリアの場合、銀のサイズが平均4ナノサイズのため、吸着力が優れ効果が半永久的です。(50回洗濯後にも抗菌力減少なし。)(日本紡績検査協会データ参照)

シルバリアの進化
現代、抗生物質では予防できない様々な感染病や細菌病、アレルギー、耐性を持つ細菌など抗生物質の問題点の限界が知られるようになりました。そこで、改めてシルバーが注目されるようになったのです。さらに、最新技術により、より効果が高く、低コストの抗菌加工剤としてシルバリアに生まれ変わりました。

J_商品特徴誘導.jpg